ほうじ茶には体に良い成分がいっぱい入っている

スポンサーリンク

ほうじ茶には、体に良い成分がたくさん含まれているのをご存じですか。
昔から日本にあった緑茶と同じように、ほうじ茶にも健康に良い成分がたくさん含まれているといわれています。
そのため、子供や老人、妊娠中の妊婦さんなどに飲ませると良い効果があるのだそうです。
特に、ポリフェノールやフラボノイドといったほうじ茶の中に含まれる茶カテキンの成分がよく取り上げられます。
こうした成分は、血圧や血糖値が上がるのを抑える作用や血液の中のコレステロールの増加を抑える作用があるともいわれます。
つまり、生活習慣病を防ぐ作用があるのです。
そのうえ、抗酸化作用といわれる老化を防ぐ作用まであるといいます。
また、ガン細胞が発生するのも抑える働きもあるようです。

スポンサーリンク

ほうじ茶のなかのカテキンという成分があります。
このカテキンは、消臭剤としての効果も持っています。
だから、汗の臭いを抑えるスプレーやペットの消臭剤などにも用いられているのです。
また、ほうじ茶を飲むと口臭にも効くといわれるため、気になっている人は飲んでみてください。
実は、カフェインも中に含まれているといわれますが、ほうじ茶にはそれほどたくさんのカフェインは入っていません。
カフェインは、あまり体によくない成分として認識されています。
もちろん、多用はよくないのですが、少しならあまり問題はありません。
それでも気になる人は、ノンカフェインタイプのものを飲んでみるといいかもしれませんね。
実は、ビタミンCも含まれているお茶であるため、美容にもいいお茶として知られています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加