緑茶と比べたほうじ茶の効能と特徴

スポンサーリンク

ほうじ茶は、煎茶や番茶の茶葉を約200度で焙煎したもので、分類上は緑茶に当たり、成分や効能も緑茶と共通する部分が多いのですが、ほうじ茶は緑茶に比べてカフェインが少なめであることが特徴です。
茶葉に含まれるカフェインは若い芽に多く、成長した葉ほど少なくなるので、一般的に成長した葉を使用するほうじ茶ではカフェインの含有量が抑えられます。
また、焙煎することでカフェインが昇華し少なくなるとも言われています。
カフェインは脳の中枢神経に作用し、覚醒効果や利尿効果をもたらすため、就寝前や妊娠中など摂取を控えたい場合には、ほうじ茶が勧められています。
カフェインが少ないことは胃にも優しいというメリットがあります。

スポンサーリンク

ほうじ茶の効能のひとつが、香りによるリラックス効果です。
強火で焙煎することで茶に含まれる香りが解放され、焙煎によるこうばしい香りも加わって、気持ちをほぐし落ち着かせる作用が生まれます。
さらに、焙煎で苦み成分のカテキンが壊れるため、苦みや渋みが減少し、子供にも飲みやすい口当たりの良いお茶になります。
煎茶などの緑茶に比べればカテキンが少ないと言ってもある程度は含まれているので、緑茶の効能として知られる血糖値や血圧の調節作用、脂肪燃焼効果、消臭殺菌力なども期待できるとされています。
ビタミン、ミネラルも豊富です。
緑茶の効果を取り入れながら、マイルドな味わいと穏やかな作用、リラックス効果を求めたい時に特に向いています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加