緑茶よりもカフェインが非常に少ないほうじ茶

スポンサーリンク

日本人に親しまれている飲み物といえば、お茶です。
食事中や食後、あるいはほっと一息つきたい時など、生活の中の様々なシーンでお茶は飲まれています。
最近はペットボトルのお茶もたくさんの種類が販売されていて、冷やして飲む緑茶などは渋みが押さえられてて、とても飲みやすくなっています。
お茶の代表といえば緑茶が有名ですが、独特の味や渋みが苦手だという方もいらっしゃいます。
そのような方におすすめしたいのが、ほうじ茶です。
焙じ茶と書かれる場合もあり緑茶の一種ではありますが、茶葉などを炒ったお茶です。
番茶のように茶褐色の色をしていて、入れた時の香ばしい香りが特長です。
また、緑茶のような渋みはなく、まろやかでとても飲みやすい味です。

スポンサーリンク

緑茶と比べて、カフェインの量は非常に少ないです。
そのため、小さなお子さんからお年寄りまで、誰でも安心して飲むことができます。
番茶や玄米茶のようにお茶の中でも、リーズナブルな価格で販売されているので、普段使いのお茶には最適です。
温かいほうじ茶を入れて香りを楽しみながら飲むのも良し、冷蔵庫で冷やしてすっきりとした味わいを楽しむのも良いです。
微量ながらカテキンも含まれていますので、健康にも良いです。
頂き物で余ってしまったお茶や古くなったお茶をフライパンで茶色くなるまで弱火で炒れば、自宅でも簡単にほうじ茶が作れます。
水分が飛んで日持ちもしますので、自家製のほうじ茶を作るのもおすすめです。
余ったお茶があれば、是非トライしてみて下さい。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加