ほうじ茶の健康効果と利尿作用

スポンサーリンク

ほうじ茶は、緑茶を焙じて作ったお茶のことで、煎茶や番茶を焙煎したものです。
独特の香ばしい香りと、口当たりの優しいお茶となっています。
緑茶の中では玉露・煎茶は高級茶のイメージで、番茶・ほうじ茶は家庭でよく飲まれるお茶のイメージです。
しかし、京都では上質なほうじ茶を料亭の改まった席で供されることも良くあります。
 ほうじ茶はカフェインが少ないのが特徴で、カテキンの働きで、高血圧の抑制、血中コレステロールの調節、血糖値の調節のなどの作用があるので、生活習慣病の高血圧・動脈硬化・糖尿病など予防・改善に効果があります。
肝臓や筋肉中の脂肪消化酵素を活性させて、脂肪を減らす効果があるとして、高濃度カテキンが注目されていますので、ダイエット効果が期待できます。

スポンサーリンク

 ほうじ茶のカテキンには、抗酸化作用で老化を防止したり、抗菌・抗アレルギーで作用もあるので、アトピー・ぜんそくの方でも安心して飲むことができます。
緑茶には、疲労回復や利尿作用があります。
しかし、緑茶にはカフェインも多く含まれ、カフェインは飲みすぎると体に害を及ぼすこともあります。
ほうじ茶は焙じることでカフェインが昇華されているので、緑茶の疲労回復・利尿作用をとり入れながらも、体の優しいので、赤ちゃんのお茶としても販売されています。
 ビタミンCやミネラルも豊富で、リラックス効果のあるテアニンも含まれています。
カテキンを助けて血糖値を下げる多糖類も入っているので血糖値が気になっている方に最適です。
体臭予防にも役立つので、毎日続けて飲んでください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加