ほうじ茶は、妊娠中におすすめのお茶です

スポンサーリンク

ほうじ茶には緑茶同様の多くの効能があり、健康に気を使っている人や妊娠中の女性にはお勧め飲みものです。
妊娠中の女性は、喫煙や飲酒はもちろんコーヒーや紅茶・お茶などのカフェインを多く含んでいる飲み物を控えたり、市販の薬は飲めないなど、お腹の赤ちゃんに影響を及ぼす可能性があるものには、注意が必要といわれています。
特に、喫煙、飲酒、薬は赤ちゃんに直接影響があるといわれていますが、飲み物まですべて制限してしまうと、妊婦さん自体にストレスが溜まってしまう可能性もあります。
飲み物の中でも、玉露、コーヒーや紅茶はカフェインの含有量も多く、これが少しでもお腹の中の赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があるのならば、妊婦さんとしては、極力控えて生活したいものです。

スポンサーリンク

しかしその中で、ほうじ茶は妊娠中などのカフェインを制限された方でも安心して飲む事ができるのです。
煎茶などの他の緑茶を200度で炒ったもので、この処理によって、茶葉に含まれるカフェインがある程度なくなります。
ほうじ茶にはカテキンが含まれており、高血圧、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣に対する効果が期待できます。
その他にも、ミネラルやビタミン、アミノ酸などの成分が含まれています。
ビタミンCにはストレスや風邪の予防に必要とされています。
またミネラルには新陳代謝を高める効果があり、アミノ酸にはリラックス効果がき期待できます。
これらの成分は、自分の身体にもお腹の中の赤ちゃんのためにも、栄養に気をつけなければならない妊婦さんには必要であり、ほうじ茶は妊婦さんにぴったりのお茶と言えるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加