ほうじ茶の効能と副作用について

スポンサーリンク

ほうじ茶の効能としては、脳のリラックス効果が得られるなどがあります。
ほうじ茶の大きな特徴として、苦味成分であるタンニンが焙煎することによって壊れるため、緑茶などのように苦くなく、独特の香ばしさを有していて、口当たりもとてもまろやかです。
また、緑茶などに多く含まれているカフェインが少ないため、大量に飲んでも胃が荒れるようなことがなく、子供やお年寄り、病人などでも安心して飲むことができます。
そういった身体に優しいお茶ですので、病院に入院されている患者さんや介護施設などに入所されているお年寄りに提供されることも多いです。
苦味やカフェインが抑えられていても、カテキンの成分は完全には壊れないないので、健康に良い効能があります。

スポンサーリンク

カテキンの効果として、殺菌作用や抗酸化作用がありますので、体内の免疫力を高めてガンなどの難病を予防する効果を期待することができます。
また、血中コレステロール値を調整する作用もありますので、動脈硬化などを防いで、高血圧症や心筋梗塞、脳梗塞などの予防の効果も期待することができます。
一方、ほうじ茶の副作用としては、今のところ特に重大な副作用があることは報告されていません。
先述したように、ほうじ茶は緑茶になどに比べるとカフェインの量がとても少ないので、誰でも安心して飲むことができる健康にとても良いお茶です。
一般に販売されているほうじ茶は、高濃度のカテキンは含まれていませんが、カテキンには脂肪の蓄積を抑える効果もありますので、ダイエットの効果も期待できます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加