ためしてガッテンでも紹介されたほうじ茶の効能について

スポンサーリンク

NHKの「ためしてガッテン」でも、その効能が紹介されたほうじ茶。
ほうじ茶は、緑茶の一種ですが、茶葉を焙じて飲用に供するものです。
焙じることで、殺菌作用も生まれるといいます。
一般的には、煎茶、茎茶、番茶などを焙煎したもので、独特の香ばしい味がします。
お茶の中では、あまり目立った存在ではないものの、特に健康によいとされているものの1つで、最近注目を集めてきています。
 ほうじ茶と他のお茶とで違いが大きいのは、含まれるカフェインの量です。
前者のカフェインの量は、他のお茶やコーヒーなどとも比べてみても、かなり少なめとなっています。
カフェインには、利尿作用や覚醒作用などがありますが、多くとりすぎると副作用もあります。

スポンサーリンク

 ちなみに、ためしてガッテンで紹介された効能を述べると、脳をリラックスさせる効果がバツグンである、かんきつ類からナッツまで300種類以上の香りが満載、日本人にはうれしい茶柱が立ちやすいなどなど。
 また、カフェインが少ないことで、胃への負担も少ないことから子供やお年寄り、あるいは病人などにもやさしいといわれるお茶なのです。
現に病院などの医療機関でも病人に出されることも多いようです。
 一番大きな効能は、含まれる成分の1つのカテキンと呼ばれるものです。
最近特に健康によいといわれているものの1つです。
がんの予防や高血圧、動脈硬化などの深刻な病気にもよいとされています。
血中コレステロールの調整や血糖値の調整などもしてくれるすぐれものです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加