ほうじ茶と番茶の違いについて

スポンサーリンク

お茶には玉露や緑茶、煎茶など色々な種類がありますが、一般的によく知られているほうじ茶と番茶の違いは何でしょうか。
どちらともチャの葉から作られていて、生の葉を炒ったり、蒸したりすることで発酵させない「不発酵茶」です。
番茶は、どこの家庭でもある普段よく使うお茶で、「晩茶」とも書きます。
晩茶は、晩い時期に摘んだお茶で、現在では、硬い葉や古い葉から作られた「下級茶」と言われています。
味はさっぱりとして苦味や刺激も少ないので、飲みやすいです。
淡い色で、透明度が高いためペットボトルのお茶の原料としても利用されています。
ほうじ茶は、番茶などを褐色になるまで強火で焙煎したお茶で、香ばしい香りとすっきりした口当たりが特徴です。

スポンサーリンク

ほうじ茶と番茶のおいしい入れ方についてお話します。
ほうじ茶は、沸騰した熱いお湯(100度)を一気に入れます。
急須や茶碗も大きめのものを選び、お茶の葉の量は1人分ティースプーンで山盛り一杯、お湯の量は130ミリリットルぐらいが目安になります。
抽出時間は30秒ぐらいで、20秒経って急須の中をのぞき茶葉が開いていればオッケーです。
沸騰したお湯を注いだら、ふたをして15秒くらい蒸らし、味が均等になるように湯のみに少しずつ分けて、最後の一滴まで注ぎます。
番茶もほうじ茶と同じような入れ方ですが、京番茶は、沸騰したお湯に茶葉を入れて煮出します。
家庭で古くなった煎茶をフライパンで炒ると、自家製のほうじ茶が作れます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加