鉄分の吸収を妨げないほうじ茶

スポンサーリンク

ほうじ茶は緑茶と比べて鉄分の吸収率を悪くさせないお茶なので、食事と一緒に飲むのであれば健康にふさわしいお茶となります。
緑茶にはタンニンが含まれており、そのタンニンが鉄分の吸収を悪くさせてしまいます。
しかしほうじ茶はタンニンの量が少ないので、鉄分の吸収を悪くさせることは少ないのです。
たくさん飲みすぎるのはあまり良いとは言えませんが、なにか栄養価の高い食べ物と一緒に飲むのであれば健康に適したお茶となります。
とくにビタミンCが豊富に含まれる食べ物と一緒にほうじ茶を飲むと鉄分の吸収する力を高めるようになり、鉄分が不足することがなくなります。
ビタミンCが含まれる食材としてではベリー系や柑橘系などのようなフルーツのほか、野菜や海藻類などを食べると効果的です。
味噌汁にわかめやとろろ昆布のような具を入れたものを食べながらほうじ茶を飲むと気持ちをリラックスさせる効果もあり、緊張感をほぐすにも良いものとなります。

スポンサーリンク

貧血に悩まされている人には、お茶はあまり良くないと知られ避けてしまう人が多くいます。
お茶にはカフェインが含まれており、そのカフェインも鉄分を体外へ流し出してしまう働きがあると言われています。
ほうじ茶にもカフェインは含まれており、タンニンが緑茶と比べて少ないといいますが、多く飲みすぎるのはあまり良くないというのはカフェインが含まれているお茶だということです。
とはいえ、実はほうじ茶はカフェインが含まれる緑茶や紅茶に比べると非常に少ない量と言われています。
1日に3杯程度の量でしたら、貧血に悩む人でも飲んで大丈夫と言われています。
香ばしい香りを引き出し、飲むときにその風味を味わうことができることからストレスを解消させる効果もあり精神的にも良いです。
そのほか体を温める効果もあるので、冷え性に悩む人にも良いお茶となります。
体に良いとされるお茶なので、適量を厳守しながら飲むことで体に良い効果を引き出していくのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加