ほうじ茶の美味しい入れ方をマスターしよう

スポンサーリンク

「お茶をおいしく入れるのは難しい。
」と思っている人は多いのではないのでしょうか。
しかし、そんなことはありません。
ほうじ茶の美味しい入れ方はとても簡単で特別用意するものは必要なくすぐにためしてみることができます。
まずほうじ茶はうま味、渋味の成分が少なため熱いお湯で入れてもあまりうま味、渋味が強く出ることはありません。
しかし高温で入れることによって香りがしっかりとでます。
具体的な説明に入りましょう。
まず二人分に必要な物は茶葉が4グラム、95度のお湯が200ミリリットル、急須だけです。
まずはじめに急須に茶葉を入れます。
その後急須に熱いお湯を入れます。
お湯は香りを出すために必要なので前述した通り95度ほどの熱いお湯が必要です。
お茶を抽出する時間は30秒ほどです。
濃いお茶が必要なときはもっと長く出す必要があります。
これを分けるときは少しずつ均等に分ける必要があります。
しっかりと最後の一滴までしっかりと絞りだす必要があります。

スポンサーリンク

ほうじ茶は出し方によって味が大きく変わります。
そのため美味しい入れ方を知らないと美味しい物を出すことはできません。
来客があった時などに美味しいお茶を出せるように美味しい入れ方をしっかりと知っておく必要があります。
人によって好みは違うので前に上げた出し方からアレンジして自分なりのお茶の出し方にする必要があります。
ほうじ茶以外にも緑茶、紅茶などの美味しい入れ方もあり、それはほうじ茶の入れ方とは違うため、しっかりと覚えておく必要があります。
またお茶を客に出す時のマナーもいろいろあり、覚えていないと相手お怒らせてしまったり、嫌な思いをさせてしまうことがあります。
このようなマナーは昔から変わっていないものなので、覚えていないといけません。
このように美味しい入れ方やお茶の出し方のマナーを覚えていくことは社会で接客をするにはとても大切なことです。
みなさんもこれを覚えてしっかりと接客できるようになってください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加