ほうじ茶の温度について

スポンサーリンク

お茶を飲むときには温度が大切と考えられています。
現在ではたくさんのお茶を選んで飲むことができるようになっていますが、それぞれのお茶の特性をしっかりと把握して飲むことが大切になります。
その中でほうじ茶というものがありますが、このお茶を飲むときにもしっかりと温度管理をしなければいけません。
おいしく飲むためには、お茶の葉の量とお湯の量、このほかにはお湯の温度と抽出時間と注ぎ方となります。
おいしい入れ方に関しては、3人分を目安として用意をします。
お茶の葉の量に関しては、3人分で約8グラムとなっています。
ほうじ茶を飲むときのお茶の葉の量は3人で8グラムとなっていますが、1人で飲むときも同じ量を用意します。
ほうじ茶は高温で焙煎をしているので、茶葉が大きく膨らんでいるという特徴があります。
したがって緑茶よりも少し多めに茶葉を入れるようにします。
また次に大切なのがお湯の温度となります。
この時に用意をするのは100度の熱湯ということになります。

スポンサーリンク

お茶を入れるときには熱湯は避けた方がいいと考えている人がいますが、ほうじ茶の場合は異なっています。
それはなぜなのかというと、ほうじ茶の場合は香りを楽しむようになっているからです。
100度の熱湯が適温となっていますが、熱いお湯を注ぐことで、香りをしっかりと味わうことができます。
また焙煎されているということで、カフェインもほとんど無くなっています。
カフェインは苦みを感じるようになっていますが、この苦み成分が少ないということで、熱湯で入れても苦くなるということがありません。
抽出時間に関しては約30秒となっています。
軽く急須を回しながらしっかりと抽出をするのがポイントです。
ここで大切なことはお茶の色をしっかりと確認することです。
少し濃いと感じる程度で注ぐようにします。
注ぎ方に関しては、お茶の量と濃度が均一になるように何回かに分けて注ぐようにします。
また最後の一滴までしっかりと注ぐようにします。
ここにはうまみが凝縮されているからです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加