体に優しいほうじ茶も飲み過ぎはよくありません

スポンサーリンク

ほうじ茶は一般的に、煎茶や番茶などの緑茶の茶葉を焙煎したお茶のことを指します。
焙煎しているので見た目は通常の緑茶とは異なって、茶色です。
独特の香りと優しい飲み口のお茶として、愛飲されています。
玉露や煎茶と比べると格が低いお茶とされて、お客様に出すお茶というよりも日常で親しまれてきたお茶ですが、ほうじ茶の文化が根付いている京都では上質なものが高級な料亭で供されることもあります。
最近では健康にいいお茶として注目を集めるようになっていて、特に妊婦や子供でも安心して飲用できるお茶として、医療機関で勧められることもあります。
緑茶を始め、お茶というのは総じて健康に良い影響を与える成分が含まれているので、健康維持のために飲用が勧められていたりもしますが、良い事であれ健康に影響を与えるという事は、場合によっては副作用による悪影響がある場合もあるという事です。
その点ほうじ茶というのは、お茶に含まれる成分が焙煎の過程で減少します。
緑茶特有の健康効果は薄れますが、逆に言えば副作用の心配がその分減るという事です。
ですからそうした影響を受けやすい妊婦や子供も、安心して飲用できるお茶とされているのです。

スポンサーリンク

ほうじ茶が副作用の心配が少ないから、妊婦や子供を始めお年寄りなども安心して飲用できるというのは周知の事実ですが、それでも飲み過ぎは良くありません。
そもそもほうじ茶が安心して飲用できるお茶というのには、カフェインの存在が大きくかかわってきます。
カフェインというのはコーヒーや緑茶などに含まれている成分で、覚醒作用や利尿作用などがあります。
医薬品として扱われるものもあって、適度に摂取するのは健康に良いのですが、過剰に摂取すると悪影響があります。
例えば緑茶やコーヒーなどを飲み過ぎる事によって、利尿作用が働きトイレが近くなったりします。
また覚醒作用があるので、就寝前などに飲み過ぎると眠りが浅くなるなどの影響が出る場合もあります。
ほうじ茶はカフェインの量が緑茶に比べると少なくなっています。
ただまったく含まれていないというわけではないので、飲み過ぎてしまえばその分体内のカフェイン量は増えてしまいますからあまり好ましくありません。
ただしそれはあくまでも、飲み過ぎた場合の話です。
それこそただの水だって、一時的に許容量以上に飲みすぎてしまえば水中毒と言って命に関わるような中毒症状を起こすことがあります。
何事もほどほどに、という事です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加