妊婦の飲み物にほうじ茶はよいか

スポンサーリンク

妊婦や授乳中の母親には様々な食事の制限があります。
代表的なのがカフェインです。
カフェインをとると血液や母乳を通じて胎児や子供にカフェインが移行してしまいます。
胎児や子供は代謝機能が未熟なためカフェインが高濃度で蓄積してしまい、流産の可能性が高くなったり発育に悪影響がおよぶおそれがあるといわれています。
そのため、妊婦は飲み物にも注意が必要となります。
ほうじ茶は、茶葉を煎ることでカフェインが飛ぶためコーヒーや緑茶、紅茶などと比べると低カフェインです。
数値だけを見ると、紅茶などと同じくらい含まれているので少なくないように思えますが、実際はテアニンという成分の作用で体への影響は小さくなります。
そのため、妊婦の飲み物としては悪くありません。
カフェインは大量摂取すると悪影響の可能性がありますが、ある程度ならば問題ありません。
カフェインの影響が少ないほうじ茶ならば、あまりに大量に飲まなければ問題はないでしょう。

スポンサーリンク

ほうじ茶には、高いリラックス作用があります。
これはテアニンという成分と香りによるものです。
寝る前に飲んでも寝付きに影響はなく、逆に安眠できるといわれています。
また、独特の香ばしさはミルクや豆乳とも相性がよいため、カフェラテの代用品としてラテにするのもおすすめです。
また、ほうじ茶にはビタミンなどのミネラルが含まれています。
消臭殺菌効果などもあります。
こうした成分や効果は緑茶に比べると劣るのですが、カフェインが少なく安心して飲むことができるという点を考慮すると妊婦にはほうじ茶の方がおすすめの飲み物といえるでしょう。
かといって、少なくてもカフェインは含まれているので、水代わりにガブガブ飲んでいるとカフェインのとりすぎになるおそれがあります。
あくまでリラックスのためのお茶として飲むくらいにとどめ、水分補給は水や白湯などを中心にする方が安心といえます。
ですがもちろんコーヒーや紅茶よりは安心なので、ただの水は抵抗があるという場合は薄目に入れたほうじ茶でも問題はないでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加