ほうじ茶と幼児への影響について

スポンサーリンク

ほうじ茶というお茶があります。
ここにはカフェインが含まれていると考えられていますが、カフェインが幼児に与える影響が気になるという人がいます。
出産したばかりの母親や幼児は、毎日の飲み物に困ってしまうという人がいます。
小さな子供がいる家庭でほうじ茶を飲んでも影響がないのかと気になる人がいますが、基本的に問題が発生するというようなことはありません。
カフェインに関しては次のような特徴があります。
それは摂取をして30分以内には母親の体の中に吸収されるようになっています。
したがって授乳の際に摂取をしても、すべてが幼児の体に吸収されるということはないのです。
ここに含まれているカフェインの量は非常に少なくなっています。
150ミリリットル中に含まれているカフェインの含有量は、30ミリグラムとなっています。
またこのお茶は他のお茶と比べると非常にカフェインの量が少なくなっているので、心配をする必要はありません。

スポンサーリンク

カフェインを幼児に摂取させるというのは好ましいことではありません。
たとえば1歳の幼児に与えてもいいカフェインの量は1日100ミリグラムとなっています。
したがってこれをほうじ茶で考えた場合、1日3杯程度であれば飲ませてもいいということになります。
なぜ小さな子供にカフェインを与えてはいけないのかというと、そこには次のような理由があります。
成長を妨げると考えられているからです。
カフェインは脳を覚醒させて、眠気を奪ってしまうという働きがあります。
したがってこれを摂取してしまうと夜眠れなくなり、成長ホルモンが出なくなってしまうので背が伸びないということにつながってしまいます。
ほうじ茶を飲んで眠気が奪われる時間の目安というのは、30分後となっています。
眠気に関しては8時間から14時間奪われると考えられているので、これは幼児にとっては非常につらいことです。
したがってしっかりと量を守るということが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加