胃痛にもおすすめのほうじ茶

スポンサーリンク

ほうじ茶とは、煎茶や番茶などを茶葉が赤茶色になるまで強火で焙って作られたお茶のことです。
高温で焙煎するため、煎茶などよりもビタミンCやカテキンなどの量は少なくなっていますが、しかしそれと同時にカフェインの量も大幅に減るため子供や妊婦、病人にも飲むことができるという魅力があります。
胃を刺激するカフェインが少ないことから、胃痛の時にもおすすめです。
ほうじ茶は冷たくしても美味しいお茶ですが、胃痛でつらいときにはあたためたものを飲みましょう。
ほうじ茶の香りには、リラックス効果があります。
これは茶葉を煎ったときに増えるピラジンという成分による効果です。
また、ピラジンには、血行をよくする効果もあります。
体が冷えてしまっていると感じた時には、あたたかいほうじ茶を煎れて、あたたまった湯飲みを両手で包み込むようにして持ち、そっとその香りをかいでみてください。
それからゆっくりと飲むと、体と同時に心もあたたかくなってきます。

スポンサーリンク

よりその効果を実感できるために、正しいほうじ茶の煎れ方を説明します。
高温で煎れることが重要なポイントです。
うま味や渋み成分が少ないため、高温で煎れなくては美味しいお茶になりません。
また、高温で煎れることで、香り高いリラックス効果のあるお茶となります。
ティースプーン4杯の茶葉の量に、湯の量は200ミリリットルから300ミリリットル用意します。
浸出時間は約30秒です。
長めにすると濃くなりすぎてしまうので注意します。
浸出している間は急須をゆすったりせず、ゆっくり待ちましょう。
そして、最後の一滴まで注ぎきりましょう。
これでできあがりです。
カフェインが少ないため胃にも優しく、また香りにリラックス効果があることが最大の魅力であるほうじ茶は、誰にでもいつでも飲めるおすすめのお茶です。
さっぱりしているので、食事中の飲み物としても使えます。
ちょっとリラックスしたいとき、体が冷えているなと感じたとき、胃痛がするようなとき、そんなときに飲むとほっとして心も体も穏やかになれるお茶です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加