下痢や腹痛の時の水分補給に最適なほうじ茶

スポンサーリンク

ほうじ茶は最近、体に優しいお茶として注目を集めるようになっています。
そもそもほうじ茶というのは、茶の葉や茎などを焙煎したお茶の事ですが、この焙煎の過程で茶に含まれる成分が減少することで、口当たりが優しくなり、体への負担が減るのです。
お茶というのは様々な成分が含まれており、その健康効果は数多く存在します。
一方でそうした健康に有益な成分というのは、取り過ぎてしまったり、そもそも体質に合わない場合などでは体にとって負担になってしまう場合もあります。
健康のためにとお茶を飲み過ぎて不眠になったり、胃が刺激されて腹痛に悩まされる事もあります。
先述のようにほうじ茶というのは通常のお茶に比べると、その有効成分が減少しています。
お茶の健康効果を期待している場合には、通常のお茶を飲用したほうが効果的でしょう。
ただ有効成分が少ないという事は逆を言えば体に影響が出にくい、とも言えます。
体に優しいと言われるのはこのためで、お茶の成分に敏感な体質の人でも比較的安心して飲用できます。

スポンサーリンク

ほうじ茶は下痢や腹痛の時の水分補給としても勧められています。
特に下痢をしている時というのは、水でもなかなか口にしづらいものですが、体からどんどん水分が出ていくことになるので、水分補給は積極的に行わなければなりません。
体内の毒素を効果的に出すためにも水分が必要です。
しかし、この際に消化器官に何らかの負担がかかる飲料を飲んでしまうと、さらなる腹痛の原因ともなります。
お茶にはカフェインが多く含まれていますが、このカフェインは胃に刺激を与えるので、腹痛が起きている最中はもちろん、敏感な人であれば普段であってもある程度飲用すると腹痛の原因になるので注意が必要です。
その点ほうじ茶というのは通常のお茶に比べるとカフェインの量が少ないので、胃への刺激が少ないです。
消化器官への負担が少ないので、体調不良時の水分補給には最適です。
ただ注意が必要なのは、カフェインがゼロというわけではないので、飲み過ぎてしまえばカフェインの取り過ぎにも繋がります。
また、作り置きしたほうじ茶は腐敗しやすく、腐敗したものを飲用して下痢や腹痛を起こす場合もあるので、作ったら早めに飲むようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加