ほうじ茶は体にいいお茶です

スポンサーリンク

ほうじ茶というのは日本で伝統的に引用されてきた緑茶の一種で、一般的には煎茶や番茶の茶葉を焙煎したお茶のことを指します。
焙煎することを「焙(ほう)じる」というとので、ほう(焙)じ茶と呼ばれます。
お茶としての格は煎茶より低く、どちらかと言えば身近なお茶として飲用されてきたお茶ですが、近年では体にいいお茶として注目を集めるようになっています。
ほうじ茶は茶葉を焙煎して作るので、独特の香ばしい香りに特徴があります。
この香りにはリラックス効果があり、特に自宅で茶葉を焙煎する場合などにはその効果が顕著に現れます。
ストレスは体調不良の原因ともなりますので、リラックス効果の高いほうじ茶はその点で体にいいお茶と言えます。
自宅で茶葉を焙煎する場合には専用の陶器製の茶器を用いるのですが、フライパンなどでも代用できます。
この焙煎の段階で茶葉に含まれる様々な成分が減り、例えば渋み成分や苦み成分などが減少することで非常に口当たりのいい、やさしい飲み口のお茶となります。
独特の香りと口当たりの良さから、油っぽい食事をとった後などに最適なお茶です。

スポンサーリンク

ほうじ茶は子供やお年寄り、そして妊婦さんも安心して飲用できるお茶です。
その理由としてはカフェインの含有量が少ないという点が大きく存在してます。
緑茶が体にいいことは多く知られており、事実緑茶には多くの有効成分が含まれています。
それらの効果を有効に活用することで健康維持に役立てている人も多くいます。
カフェインもそうした有効成分の一つであり、覚醒作用や利尿作用などがあります。
ただ一方でカフェインというのは副作用もある成分です。
特に乳幼児や妊婦さんは、カフェインを含んだ食事はあまりとらないほうがいいとされています。
また覚醒作用があるので不眠症の人や、そうでなくても眠る前に緑茶を飲むのは良質な睡眠を得るためには避けたほうがいいとされています。
ほうじ茶は焙煎する影響で緑茶に含まれる様々な成分が減少します。
有効成分が減ってしまうという面がある一方で、その分口当たりがよくなるわけです。
そしてそうした減少する成分の一つがカフェインというわけです。
カフェインが少ないので誰もが安心して飲用でき、口当たりもいいので飲みやすい、さらに減少するとは言っても有効成分が消えるわけではないので健康にもいいと、体にいい様々なメリットがあるのがほうじ茶なのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加