ビタミンCだけでなく様々な成分が含まれる健康に良いほうじ茶

スポンサーリンク

ほうじ茶には様々な健康に良いとされる成分があります。
中でもビタミンCが多く含まれ、その量はレモンの5倍くらいです。
ほうじ茶のビタミンCは熱で失われににくいため、美肌になる効果が大変期待されています。
また、ゼリーにして食べると、コラーゲンも一緒に摂取できるため、美肌効果がさらにアップされます。
美肌美人になりたい人には欠かせない物になるかもしれません。
毎日の食生活の中でビタミン不足を感じる人は、ほうじ茶で手軽に補ってみると良いでしょう。
これなら毎日続けられやすいですね。
続けることで美肌美人を目指しましょう。
また、ほうじ茶は、お茶の中でもカフェインが非常に少なく小さなお子様からお年寄りまで、とても飲みやすいです。
そしてリラックスさせる効果があるテアニンも含んでいます。
寝る前にほっとしたひとときを持ちたい人には最適です。
睡眠の質も改善するので、なかなか寝付けない人や、夜中に何度でも目が覚めてしまう人にもお勧めのお茶です。

スポンサーリンク

ほうじ茶に含まれるテアニンは、飲まなくても香りをかぐと飲んだときと同じようにリラックスできる効果があります。
仕事で疲れている人や、人間関係などでストレスがたまっている人が、その香りをかぐととても心が和らぐかもしれません。
また、ほうじ茶に含まれているポリフェノールは、口臭の改善にも効果があります。
口内の雑菌が繁殖するのを抑制します。
虫歯予防に効果的なフッ素も含まれているため、虫歯予防にも期待できます。
口臭予防や虫歯予防にも効果的なお茶は、毎日飲むと良いでしょう。
このように、ビタミンCだけではなくテアニンやポリフェノールも含まれるお茶は、他にはありません。
毎日の暮らしの中で上手に飲み続けることで、美肌美人になれ、リラックスでき、また口臭予防や虫歯予防にもなります。
スーパーやコンビニなどで手軽に手に入れることができるので便利です。
毎日の生活を健康で元気に過ごすためにも、ぜひ続けて取り入れましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加