ほうじ茶の保存方法について

スポンサーリンク

ほうじ茶というお茶があります。
お茶は保存方法が難しいと考えられていますが、ほうじ茶の保存方法はどのようなものがあるのか気になります。
ほうじ茶を保存するときには、基本的に常温にしておくようにします。
このお茶は100度以上の高温で焙煎されたものとなっています。
したがって冷蔵庫などの冷たいところで急激に冷やしてしまうと茶葉に影響が出てしまいます。
急激に長時間冷やしてしまうと、茶葉が壊れてしまい、粉っぽくなってしまうからです。
保存の時に注意をしなければいけないのは冷凍に関してです。
最近では冷凍庫を活用するという人がいますが、このお茶に関しては冷凍をするのも避けるようにします。
凍った茶葉が壊れてしまうからです。
したがって常温で保管をしておくというのが基本となります。
しかし常温で保管をするときにも注意をしなければいけないことがあります。
それは保管をするための容器となります。
この容器を選ぶときにも注意が必要となります。

スポンサーリンク

ほうじ茶は基本的に常温保存となっていますが、このときに使う容器も慎重に選ぶ必要があります。
できるだけ酸素が入らない状態に保っておくようにします。
真空状態にすることができるような容器があれば一番いいのですが、これがないという場合には、タッパーなどの容器に入れて保管をすることができます。
これ以外の方法としては、茶葉が入って袋のまま、できるだけ空気を抜いた状態でクリップで挟んでおくという方法もあります。
まだ袋を開けていないという場合には、そのまま冷蔵庫に入れておくことも可能です。
しかし開封をしてしまうと、冷蔵庫の中の匂いを吸収したり出し入れの時に湿気を帯びてしまう可能性があるので、冷蔵庫での保存は避けるようにします。
賞味期限が気になるところですが、袋にかかれていることが多いです。
しかしこれは袋を開けていない状態のことになります。
高温で保管をしている場合は、袋を開けていなくても品質が劣化してしまうので注意が必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加