ほうじ茶とタンニンについて

スポンサーリンク

お茶の中にはタンニンが含まれています。
お茶の種類によってこの含まれている量に違いがあります。
貧血の人はあまりお茶を飲まない方がいいということを聞くことがありますが、それはなぜなのかが気になります。
お茶は貧血の人にはあまり勧められていませんが、そこには次のような理由があります。
それはたくさんのお茶の中に含まれているタンニンという物が、鉄分の吸収を阻害するようになっているからです。
貧血の原因として考えられていることは、鉄分が不足しているということになります。
したがってお茶を飲むことでさらに鉄分が不足してしまうのです。
しかしお茶も日本人には欠かせない物となっています。
現在では貧血の人でも飲むことができるお茶があります。
これでタンニンの影響を最小限に抑えることができます。
これは植物の葉っぱの中にたくさん含まれているポリフェノールの一種ということになります。
お茶の他にはワインや渋柿の中にもたくさん含まれています。

スポンサーリンク

タンニンがたくさん含まれているお茶の代表的なものは抹茶となります。
発酵させていない茶葉を使って作られた物なので、非常にたくさんの量が含まれているということになります。
抹茶は非常に渋い味となっていますが、これはたくさんの量が含まれているからとなります。
またお茶の中にはほうじ茶という物があります。
ほうじ茶にはどのくらい含まれているのかというと、緑茶の一種となっていますが、抹茶や玉露という物よりは少なくなっています。
ほうじ茶は普通の緑茶の半分程度の量となっています。
ほうじ茶は一度焙煎された茶葉を使っているからとなっています。
したがってタンニンの量も少なくなっています。
タンニンは鉄イオンと結合をして、鉄を溶けにくい物質へと変化させてしまいます。
水に溶けにくいということは、体の中で吸収されにくい形となってしまいます。
お茶にはたくさんの種類がありますが、どのくらいの量が含まれているかを比較して選ぶようにします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加