ほうじ茶の効能と飲用効果について

スポンサーリンク

ほうじ茶とは緑茶の茶葉を焙煎したもので、独特の香ばしさが特徴です。
一般には手ごろで庶民的なお茶というイメージですが、熱心な愛好者の方も数多くいます。
また現在では、ほうじ茶に含まれる成分にはさまざまな効能があることがわかっています。
その代表的なものが、カテキンです。
カテキンは赤ワインなどにも含まれているポリフェノールの一種で、殺菌作用があることが知られています。
したがって、体内にある菌やウィルスを除去するのに役立ちます。
また、高血圧や動脈硬化の抑制・血中コレステロールの調節にも効果があるとされ、生活習慣病の予防に有益です。
特にほうじ茶は、製造工程で茶葉の繊維の隙間がひらくために、カテキンが抽出されやすくなっています。

スポンサーリンク

他に含まれる成分としては、ビタミンCが挙げられます。
ビタミンCはストレス解消や風邪の予防に効果があると言われており、また美肌を保つためにも良いとされています。
さらには、歯垢の付着を防止して歯の健康を保つフッ素、血糖値を下げる作用を持つ多糖類、リラックス効果のあるテアニン、身体の基礎代謝を高めるミネラルなどが含まれています。
最後に、お茶一般に含まれる成分として有名なものとして、カフェインがあります。
カフェインには覚醒作用や興奮作用があり、眠気を覚ます、気分をしゃっきりさせる、集中力を高めるなどの効能がある一方で、摂取しすぎると不眠などの副作用があることが知られています。
ところがほうじ茶の場合は、高温で焙じることによってカフェインがとばされるため、他のお茶に比べて含有量が低くなっています。
そのため、カフェインを控えなければならない人でも安心して飲むことができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加